SAP on Vblock:ITpro EXPO 2010会場でお待ちしております

2010年10月17日 Posted in SAP クラウド

10/21 追記> デモ無事終了、ITpro EXPO AWARD 2010 受賞

http://solution.realtech.jp/2010/10/sap-on-vblock-itpro-expo-award-2010.html

10/18 追記> 初日の展示会場の模様はこちら

http://solution.realtech.jp/2010/10/sap-on-vblock-itpro-expo2010.html

10/18 追記>日経BP社ITproサイトで弊社がお手伝いしたSAP on Vblockデモが記事として掲載されました。

http://solution.realtech.jp/2010/10/sap-on-vblock-bpitpro.html

明日10月18日(月)からITpro Expo 2010が東京ビッグサイトで3日間にわたり開催されます。

今年はクラウドをメインテーマに様々な展示やセッションが用意されていますが、今回ご縁があって、このイベント用デモ構築を支援をさせて頂いております。

具体的にお手伝いした内容は、シスコシステムズ様、EMCジャパン様、ヴイエムウェア様3社が展開されているVblock上でSAPを稼働させてリソースを動的に変更したり、VMWareのSRM(Site Recovery Manager)と絡めてHA/DR環境の構築になります。 

主要ベンダー様の血統書つきの本格的なクラウド環境を触るのは初めてだったのですが、今回デモ用にご準備頂いた環境は中規模くらいのSAP本番環境でも十分使えそうな本格的な環境です。

今回の準備作業を通じてソフトとハードの親和性の高さに驚きました。Vblockというパッケージだからこそかもしれませんが、SRMはVMwareの機能ですがSRAというストレージベンダが提供するモジュールを組み込んでVMwareがストレージを操作する部分があります。こういうマルチベンダ系の仕組みは、得てして設定の難易度が高いものですがなんともあっさり動きました。この辺りの基盤設定はベンダー様のエース・エンジニアの方にお任せしていたのですが、実質の作業時間は12時間くらいでしょうか。ネットワークからストレージ、サーバ、仮想化、OS、そしてDBMS、SAPまで・・・すばらしい製品のインテグレーションです。

ちなみに、VblockとはBI Acceleratorのようなアプライアンス製品ではなく、ディスクのタイプ、サイズ、本数やブレードのモデルは自由に選択できますので、多用な要件が存在する大規模SI案件にも柔軟に対応出来ます。

ITpro Expo 2010期間中、リアルテックのメンバーも実機でのデモ説明をしていますので、会場にお越しの際は是非クラウド基盤ホットステージへお立ち寄りください。 

なお展示会への参加は当日現地での参加登録も可能ですが、受付が混み合うことが想定されるのと、10月20日15時までにWebから事前登録していただくと入場料(2,000円)が無料になりますので、事前にご登録されることをお勧めします。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2010/regist/index.shtml


このエントリーをはてなブックマークに追加